水回りリフォーム☆徹値ガイド

ホーム > 水回りリフォームの豆知識 > 10年目に建物の状態を確認して水回りのリフォームをする

10年目に建物の状態を確認して水回りのリフォームをする

 建物の水回りは、たまにリフォームの工事が検討される事があります。
建設されてから年数が経過した建物は、工事が検討される事も少なくありません。
基本的には、10年目が1つの目安になります。
そもそも不動産物件や設備には、経年劣化があります。
長い間使い続けていれば、自然と劣化してしまう訳です。
マイホームを買ったばかりの頃は問題なくても、10年や15年ぐらい住み続けていれば、徐々に古くなってきます。
水回りもその1つで、色々な不具合が生じてしまう事も実際あります。
ですから不動産物件やその設備は、10年目あたりに見直しされるケースも多いです。
10年も経過している訳ですし、そろそろ何か問題点が生じる可能性もあるので、よくメンテナンスも行われています。
何か問題点が見つかった時は、工事も検討してみると良いでしょう。

 例えば臭いです。
建物の臭いは、時期に応じて変化します。
建設されたばかりの頃は無臭状態だったものの、ある程度年数が経過すれば、やや気になる臭いが出てきてしまうケースも多いです。
気になる臭いがあるよりは、無臭であるに越した事はありません。
10年目に改めてメンテナンスを行ってみたところ、臭いが気になる箇所が見つかるケースもよくあります。
臭気が気になる時は、基本的にはリフォームを検討してみるのが賢明です。
改めて工事を行っておけば、臭いの問題点が解消されるケースもよくあるからです。
工事を行った後には、毎日の生活環境が快適になるケースも多いですし、検討してみる価値はあります。
それと水漏れも要注意です。
放置しておくと面倒な状況になる可能性があるので、漏れている時は工事を検討してみると良いでしょう。

 建物に対するメンテナンスを行ってみると、水漏れが見つかるケースもたまにあります。
なぜ漏れてしまうかというと、主に経年劣化です。
水回りのパイプにも耐用年数がありますし、長い間使い続けていれば漏れてくる事も実際あります。
上述の10年目というタイミングは、特に注意を要します。
10年ぐらい使い続けていると、水道管から水が漏れてくるケースもよくあるからです。
その場合もリフォームを検討してみると良いでしょう。
改めて水回りに対するリフォームを行っておけば、水道管も新しい状態になりますから、水漏れも解消されます。
水が漏れている時は、あまり放置すべきではありません。
放置しておくと建物は劣化してしまいますし、面倒な状況になってしまう事も多いです。
水漏れが見つかった時点で、早めにリフォームを行っておくと良いでしょう。

ページトップへ