ソーシャルレンディングのひみつ

5~6%利回り多数高利率

ソーシャルレンディングサイトとは、金融型クラウドファンディングと呼ばれる投資方法です。お金を借りたい企業とお金を融資したい人を、インターネットを通じて結ぶサービスの事を指します。
出資ではない融資は、貸金業としての登録が必要です。ソーシャルレンディング業者を通すことで貸金業法に違反することを防止しています。

投資家の利点、小額投資!5~6%の高額利回り多数

投資家は1万円からの小額投資が出来て、分散投資も可能です。5~6%の高利回り案件が多く。投資する案件によっては毎月配当がもらえます。ソーシャルレンディング事業者は、投資家と著名性組合契約を結ぶことにより、融資を受ける企業から投資家を分からないようにしています。投資家からも同様に、融資先は分かりません。
銀行の普通預金に預けてある、働いてないお金を短期で働かせるのに向いています。3ヶ月、6ヶ月など短い期間で運用できる案件があります。高利回りですので、当然リスクがあります。ソーシャルレンディングの投資元本は原則保証されていません。貸倒のリスクがあります。最近は不動産などの担保がある案件もありますので、リスクは少なく出来ますし、今まで資金が回収できなかった案件は報告されていません。

借り手のメリット収益率が高いプロジェクトの短期融資がほしい

借り手としては、成功した場合の収益率が高いプロジェクトでの、短期借入れを期待しています。不動産の第三者へ売却を目的としたプロジェクト、太陽光、風力発電の再生可能エネルギー関連、新興国への融資などがソーシャルレンディングの投資対象となっています。
また、融資までの審査期間が短いことも利点に挙げられます。銀行の融資の場合、融資期間は1~2ヶ月かかります。ソーシャルレンディングは数日で融資が可能です。
財務状況が健全な企業でも、銀行からの融資では足りていない場合、即金制が求められる中小企業など、銀行から借りられない場面は驚くほどあります。そういった企業の新しい資金調達としてソーシャルレンディングが伸びてきています。短期資金の借入れにソーシャルレンディングを利用する企業が増えています。

今回のまとめ

優良企業の短期融資に特化することで、高利益で貸付けても、十分な利益が見込めるプロジェクトに投資します。投資家としては、短期プロジェクトから長期のものまで。選択可能で5~6%の高額利回り、分散投資、小額投資も可能と投資の幅が多いことが魅力です。
現在まで、資金が回収できなかったプロジェクトは報告されていません。ソーシャルレンディング事業者が最重視している点は、貸したお金が返却されるかどうか、担保などの返却の確実性の確保です。
利回りが高いからといって、リスクが高いと決め付けるのはもったいないです。仕組みを理解した上で、ソーシャルレンディング投資に参加されてみてはいかがでしょうか?
慣れていない内は、小額、短期など徐々にソーシャルレンディング投資に参加されることをおすすめいたします。